お洒落な夜景

塗装を塗り替える

神社の鳥居

東京の住宅事情は、他の地域に較べて活発に動いています。
特にマンションにおいては戸数の多い超高層マンションが数多く立ち並んでいても、大阪より少し大きいくらいの面積に1000万人が住む東京では、全然足りない状況です。
物件の価格も高額で全体的に他の地域の同じ間取りの物に比べて2倍から3倍の価格がついています。
そして掘り出し物の物件がでたら即座に売買が成立してしまいます。
そのため東京で住宅に住むためには事前準備をしっかり行っておくことが重要です。
特に分譲になれば多くの場合、住宅ローンを組む手続きが必要になります。
そのため事前に住宅ローンの事前審査スコアリング付けをしておくことをお勧めします。
スコアリング付けとは自分がいくらまで借りることができるのかなどを表すものです。

東京で住宅を探す際に人気の地域があります。
それは「浅草、月島」です。
一見おしゃれなイメージは少ないかもしれませんが、「浅草、月島」は昔ながらの文化と新しい文化が良いバランスで混ざり合っている地域なのです。
昔ながらの文化では、「江戸っ子」の文化です。
下町の人情深さ、高層ビルだけでない木造の古い住宅などが残っています。
また「浅草、月島」の昔からの魅力の一つに「安くてうまいお食事処が豊富」というところがあります。
大手のチェーンではなく、昔から代々続いているお食事処は、地元の人たち、観光客の人たちに人気です。
このお食事処のために「浅草、月島」に住む人たちもいるほどです。
新しい文化では、近年日本のシンボルとなった「スカイツリー」があります。